SUZUKI RG250ガンマ

こんばんは、御訪問ありがとうございます。


今週は模型製作は、ほとんど進んでいないので、変な時間に記事を書いています。
模型の作業部屋が寒くって・・・は言い訳ですね。

DSC07567
取りあえず、少しでもって事で、スローネのスミ入れを全て終わらせました。
次は装甲裏をエナメルブラックで塗ってからデカール→つや消しコーティング・・
まだまだ時間が掛かりそうです・・。orz


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC07554
1/12スズキRG250ガンマの完成品モデルが発売されたので購入しました。


DSC07559
ううっ、めちゃカッコいい。

このガンマは初代で、くるくるは少し改良されたⅡ型に乗ってました。


DSC07560
画像では凄くおもちゃっぽく写ってますが、
実物はとてもリアルで良く出来ています。

またシングルシート仕様ってトコもグッドです。



DSC07561
形状から、やっこ凧テールって呼ばれてたテールカウル周り。w



DSC07562
当時このガンマは色んなバイク装備を書き換えたマシンで
今じゃ当たり前のアルミフレームやフルカウル、セパレートハンドルなどの
純正装備を先駆けしたバイクなんです。

このミニカーでも中央に設置してあるタコメーターは
実車同様3000回転から目盛りが打って有ります。
レーサーに低速回転なんて表示しなくてもいいぜって感じですね。
なのでアイドリングでは針が動きません。w


DSC07563
チャンバー形状やアルミステップもこのバイクからだと思います。

くるくるの逸話で、ガンマに乗ってた時に白バイに止められました。
突然「点検してみろ!」って白バイ隊員に言われて、
目視で「タイヤは大丈夫です」って答えたら、「タイヤを見る時はセンタースタンドを立てて、
タイヤを回して見るんだ!」って怒られました。

「あの~、このバイク、最初からセンタースタンド付いて無いのですが・・・・」

当時の自動二輪は必ず付いてましたから、白バイ隊員も勉強不足だったんです。w

レーサーにセンスタは要らないぜって感じ。


DSC07558
「ヒャッハー!ですぅ!」←ありふれた12話参照
と、またリティシアさんの登場で、この為に足と耳のパーツを製作しました。w

と言う感じで、ガンマが製品化されるのは嬉しいし、良い製品で買って良かったです。



・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・・


無題
これが、くるくるが乗ってた2型のガンマです。
初代との見た目相違点を簡単に言うとフロントカウルが角ばって
リアカウルの角が取れて、フレームも断面が角パイプから凹形状になりました。
デジカメなんて無かった時代なのでネガプリント写真を取り込みました。

スズキGPライダーのバリー・シーンが好きだったので
車体をバリー・シーンカラーに塗りなおしています。
エアクリーナ無しの直キャブ仕様、サイレンサーは自作。
ビートのバックステップで倒し込んでも、ステップが擦る前にチャンバーの腹が擦ります。w
リアタイヤはサイズアップでフロントブレーキは当時、スズキワークがやってた様に
キャリパーをフォークの前に変更しました。
バリー・シーンレプリカヘルメットは、兄貴からの贈り物でした。

凄く楽しくって、ガンガン峠小僧をしてたんですが・・・・・・
                        してたんですが・・・・・
                           してたんですが・・・・・



DSC07566
当時、50ccのガンマも持っていて、調子に乗って自爆。
足首の関節を割ってしまいました・・・。

30年経ってどんどん調子悪くなるのですが、最近、新型のサポーターを入手!
少しは痛みが減りました。

折るのは一瞬だけど、痛みは一生って事で、バイクに乗られてる方々注意です。


最後まで見てくれてありがとう!

ではでは・・。

FAGフレズヴェルグ=アーテル(3回目)

こんばんは、御訪問有難う御座います。

先週から引き続きアーテルの組立をしてました・・

毎日2時間程の作業をしてましたが、やっとこさ、合わせ目と表面処理が終了・・・OTL
パーツが多く合わせ目処理が複雑、久しぶりに苦戦してました・・。

DSC07543
全てのクリアーパーツはC型に切りカキを入れて、後ハメ処理をしてます。
ベリルスマッシャーは、基部の一部を切ってハメる形にしました。
切り取ったパーツのみ、合わせ目を段落ちにしてます。


DSC07544
これは太もも外装に付く物でベリルスマッシャーのサヤにもなるパーツです。
可動部の塗装を兼ねて円形パーツを分離させ、後ハメ処理を行いました。


DSC07545
どうも、先人の話だと背中ユニットから腰横に付ける、クリヤーパーツがタイトらしく
お腹に貼るデカールが剥がれるみたい・・・
なので、クリヤーパーツ取り付け部をMSGのボール軸とプラパイプを使って
フリーに可動するように変更しました。


DSC07546
全ての処理が終わった状態です。
凄くボリュームが有って、カッコいいです。



DSC07547
尾っぽ両サイドに刺さってる物は背部ユニットが乗り物形態になった時の
ハンドルバーなので正規の位置では有りません。


DSC07548
このキットとにかく偏光メッキの掛かったクリヤーパーツが綺麗で、
画像ではメッキの良さが伝えられないのが残念です。



DSC07549
少しローアングル、ベリルスマッシャーが大きく、迫力が有りますね。


DSC07550
解りにくいのですが、下腕にも武器のサポートパーツが付いているので
ベリルスマッシャーを長く構えても支えられるようになっています。


DSC07551
ベリルスマッシャーは可動部が沢山有って、色んな形態に変化出来ます。

背部ユニット上部のエンジン部分、吸気ポートがスカスカなのは気になる所なので
良いパンチングメッシュでも入手出来たら仕込みたい気分です。



DSC07552
恐らく、これはフル塗装をしたら、塗装剥がれが怖くて
全く触れない感じになると思います・・・。



DSC07553
フレームアームズガール素の状態に近いレティシアさんとの比較、
これで、ボリュームの違いが解るかと思います。

さて、ここまで処理をしましたが、これまた塗装はどうしよう?
色々とカラー選択に夢は広がっていますが、スローネや他にやりたい事も有るし・・
悩む所です・・・。

最後まで見てくれてありがとう!

ではでは・・。


FAGフレズヴェルグ=アーテル(2回目)

こんばんは、今日2回目の更新で御訪問いただき感謝です。


ギリギリまで作業してましたが本日はココまで・・・出来た所まで公開します。

DSC07506
まずは基本状態はこんな感じです。


DSC07507



DSC07535
手足のユニットを交換すればこんな感じで、一気にメカ感が増します。


DSC07536




DSC07537




DSC07514
太ももに付くユニットはクリヤーパーツが収納出来ます。


DSC07531
背部ユニットを付けた状態。



DSC07532
凄いボリュームになります。



DSC07533
このユニットの合わせ目が複雑で処理だけでも、8時間程掛かりました。
それに・・・。



DSC07539
ユニット中央の可動部は色違い部分が挟み込みなので
外側パーツに貫通穴を開けて3mmランナーで後ハメ出来るようにしました。


DSC07540
実はまだ背部ユニットは完成してなくて、まだ取り付けパーツが数個存在します。

それに武装もまだ手つかずだったりしますね・・ほんと、パーツ多い・・・・www




DSC07541
記事1枚目の画像はレティシアのフェイスパーツを付けていますが
本来はこのタイプです。
でも、レティシアの方が優しい感じがして好きだなぁ・・。

と言う感じで最後まで見てくれてありがとう。

ではでは・・。

カテゴリー
アーカイブ
  • ライブドアブログ